忍者ブログ
ランキング参加中→ 霊界・霊視 人気ブログランキング

昔は霊能者として活動していた神岡怜治の、今のお話、かつてのお話、色々混ぜてブログで語っていこうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Y!ブックマーク登録
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Y!ブックマーク登録
こんばんは、神岡怜治です。
ご相談者のアフターフォローというのも、一流の客商売人としては欠かせないことです。
こうやってかつてのご相談者の元へと足を運ぶのも、その一環と言えましょうか。

さて、帯広市から私が移動したのは、同じく北海道の函館市になります。
私はいっとき海の無い地域で生活していたこともあってか、海鮮料理の美味しい
土地へ行くと、たまらなく嬉しくなります。
待ち合わせまで時間があったので、観光地として知られる五稜郭へと向かいました。
五稜郭の中へは入らず、タワーの展望台から見るだけですが。
やはり格好良いですね。錬成陣と言うか魔方陣と言うか、なにかしら魔術の呪文を
唱えたら、天使かはたまた悪魔を召喚できそうな雰囲気すら漂っています。

霊感占いとは筋がズレましたね、戻しましょう。
会いに行ったご相談者は、15年ほど前に相談を受けた今日子さん(仮名)。
友達の彼を好きになってしまいながらもあきらめようとしていたときに、
なんとその男性から告白をされてしまったときに相談を受けました。
私は彼の生き霊を降霊(口寄せ)させ、鑑定の場で本心を語らせました。
今の彼女、すなわち今日子さんの友達のことはどうなっているのか。
今日子さんへの告白は、どの程度本気なのか。そういった点を霊的な交信で確認しました。
すると彼の生き霊は、私の口を通してとんでもないことを話し始めたのです。
なんと彼はそのとき、3股を継続中だったのです。今日子さんが堕ちたら4股でした。
生き霊、すなわち魂は嘘を語れません。彼の心や行動は、すべて私と今日子さんに
筒抜けになったのでした。今日子さんは彼の告白を拒絶しました。
同時に、友達へ彼の浮気を匂わすように話しました。露骨に言ってしまうと、
証拠をどこで手に入れたのかと話がややこしくなりますからね。
今日子さんも友達も、結局心の傷は浅いままで彼と距離を置くことができました。
後日、風のうわさで聞いたとのことですが、3股中の残り2人の女性が鉢合ったらしく、
流血を伴う修羅場が展開されたそうです。その点も含めて、今日子さんとその友達には
大変感謝される降霊鑑定でした。

こういった生き霊の降霊、口寄せは、陸奥のイタコが得意としている霊媒術です。
私も以前はこの霊媒術が使えたのですがね・・・。

拍手[1回]

PR

このエントリーをはてなブックマークに追加
Y!ブックマーク登録
こんにちは、神岡怜治です。

ずーっと忙しくて、なかなかブログ更新まで手が回りませんでした。
と申しますのも、私が霊能者として活動していたかつてのお客様を、
文字通り北から南へと日本を縦断していたのです。霊能力を失くした今でも、
占い師としての能力を買っていただけているのはとても嬉しいことです。

さて、行脚について少しずつネタにしてブログで話していきましょうか。
私が始めに向かったのは、北海道の帯広市でした。
40代後半の女性がお客様で、昔に私へ相談されたのは、不倫についてでした。
もう20年近く前のことで、仮に玲子さんとしておきますが、
玲子さんは会社の上司(奥さんとお子さん2人あり)と不倫関係にあったのです。
「絶対に彼と結婚する。だから霊能力で彼を離婚に持って行って!」と。
えぇ、もちろん霊能力だとそれも可能です。いわゆる”縁切り祈願”というものですね。
皆さん、赤い糸ってホントにあるんですよ。乙女のイタイ思い込みなんかじゃありません。
人と人とは霊的につながっていて、そこには魂をつなぐ糸があります。神様の意図ですね。
その糸をスパッと切り、関係を解消させるのが縁切りの霊能力。
それを玲子さんの意中の男性である会社の上司とその奥さんで行いました。
もちろん、その先は玲子さんの望み通りになりました。しかしながら、不倫の末の
交際という事実があるので、玲子さんと元上司の彼は当時住んでいた場所を離れ、
帯広まで移ってきたということなのですね。

私たち霊能者(当時とか元も含め)にとって、縁というものはつなげるより切る方が楽です。
普通の糸や紐と同じです。ハサミで簡単に切れるけれど、つなげるのは難しいという具合。
ですからご注意ください。本当にその縁、切って良いのですか?後悔の可能性はありませんか?
「二度と顔も見たくない!」勢いだけでそう言ってしまっていませんかね?
縁切り祈願が出来る霊能者や霊感占い師は、割と多くいる印象があります。
ですが相談をする前に、もう一度自分の心に問い掛けてみてくださいね。
さもないとここでご紹介した玲子さんの現状のように・・・あ、今回はどんな相談だったのか。
それは触れないでおきます。

拍手[1回]

このエントリーをはてなブックマークに追加
Y!ブックマーク登録
こんにちは、神岡怜治です。
いよいよ恐山の大祭が迫ってきましたね。私も恐山大祭の期間に再度行きたかったのですが。。。
あいにくと他用で訪れることが出来ないことになってしまいました。
まったくもって残念至極です。気が早いですが、来年こそは!と思っています。
あ、恐山秋詣でのときに行ければ良いかな。
ところで、以前のお客さんで恐山を訪れた方がいまして、その旅行話を先日聞かされました。
恐山は雰囲気が怖かった、霊感が無いのにヒシヒシと何かが伝わってきた、
そんなことを話されていました。霊感が無い人でも、やはり何かしらを感じ取ることが
出来る場所なんですね、恐山って。ですから言い様もない”怖さ”が心に直接届いて
しまうといった感じなのですね。まことに両極端な感想を抱かせてくれます。
もちろん、私は死んだ人より生きている人の方がよっぽどタチが悪いし怖い、と
思っているタイプなので、恐山では怖さよりも敬虔さを感じ取りますが。

是非、みなさんも一度!

拍手[0回]

霊能カレンダー

06 2020/07 08
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

元霊能者「神岡怜治」について